インプラント

  • HOME
  • インプラント

インプラント治療

歯を無くしたら

残念なことに、歯が無くなってしまったら…。

  • むし歯や歯周病で歯を抜くことになってしまった方
  • 歯がすでに無い状態でお困りの方

当院では、インプラント治療をお勧めしております。
ストレスなくしっかり噛めて、美味しく食事をとれるようになります。

失った歯を補う方法としては、入れ歯やブリッジもございます。

下記のようなデメリットがあります。

  • 健全な歯を削らなければならない(ブリッジ)
  • お口の中に違和感を感じる(入れ歯)
  • 熱感が変わり、食べ物の味がわかりづらくなる。(入れ歯)

インプラントは隣の歯を削ることもなく、違和感を感じることもありません。
しっかりと検査・診断してオペをすることにより、ご自分の歯と同じような感覚で普段の食生活を楽しむことが可能になります。

当院では、万全の体制でインプラントオペを行っておりますので、安心して、ご相談いただければと思います。
もちろん、患者様のご要望をお聞きしたうえで最適な治療法をご提案いたしますので、お気軽にご相談ください。

当院で使用のインプラント

インプラント器具
インプラント器具

HA(ハイドロキシアパタイト)の生体親和性を重視し、当院では、実績のあるカルシテックを採用しております。

治療の症例

歯を1本失った場合

治療前と治療後

失った部分にインプラントを1本理入します。
従来は、健全な両隣りの歯を削ってブリッジを用いて治療していましたが、インプラントを用いると健全な歯を傷つけることなく治療を行えます。

歯を何本か失った場合

治療前と治療後

従来は局部的な入れ歯を用いて治療を行っていましたが、インプラントを何本か用いて治療を行います。入れ歯を固定するための金属のバネによる違和感はもちろんありません。

歯をすべて失った場合

治療前と治療後

従来の総入れ歯ではなくインプラントを用いて治療します。この方法なら食べ物が入れ歯と口腔粘膜の間に挟まったり、入れ歯が合わなくなるようなことはありません。

ロケーター オーバーデンチャー
アタッチメント システム

歯が無くなった部分の顎の骨は時間の経過とともに、少しずつ吸収し、歯が存在していた時に比べて「幅が細く」なっています。
そのような患者様でもインプラントが可能になりました。
詳しくはご来院ください。

ロケーター オーバーデンチャー アタッチメント システム

治療の流れ

Step1 診査と治療計画

診査と治療計画

インプラント治療に必要な検査を行いインプラント治療が可能かどうかを診断してもらいます。その後の治療計画を立てます。

Step2 フィクスチャー理入の手術

フィクスチャー理入の手術

歯の根に相当する部分のインプラントの部品(=フィクスチャー)を手術により顎の骨に理入する手術を行います。局所麻酔を用いて行いますので安心して手術を受けられます。

Step3 治癒期間

治癒期間

この後、骨とインプラントがしっかり結合されるまでの治癒期間を設けます。(3~6ヶ月)
※治癒期間は骨の質などにより個人差があります。
※この間、必要に応じて仮の歯を入れることもあります。

Step4 アバットメントの連結

アバットメントの連結

人工の歯の支台となるインプラントの部品(=アバットメント)をフィクスチャーに連結します。
※この時、簡単な手術を行う場合もあります。

Step5 人工歯の装着

人工歯の装着

インプラントを含めたお口の中全体の印象採取(=型をとること)を行います。その型に従い人工の歯を作製します。その後アバットメントの上に人工歯を装着して完成です。

Step6 メンテナンス

メンテナンス

インプラント治療の終了後、インプラントを長持ちさせるためには、適切なホームケアと定期的な検診が不可欠です。私共の指導のもと正しい歯磨きを心がけてください。また、半年に一度、定期健診を受けインプラントの状態を診てもらうようにしてください。

インプラント、オールオンフォーの
メリット・デメリット

メリット

  • 安定した噛み合わせを比較的長く保てる
  • 審美性が高いので、自分の歯に近い見た目に仕上げられる
  • 咀嚼能力(噛み合わせの力)が高いので、硬いものを食べたり、力強く歯をくいしばれる
  • 自然の歯に近い機能が期待できるので、装着後の違和感や外れてしまう心配がない
  • 歯を失った箇所は顎の骨が自然に減ることがあるが、インプラントは直接顎の骨に埋め込むので咀嚼の刺激が顎の骨に伝わるり衰退を防止できる
  • 定期的にメンテナンスを行うことで、長持ちさせられる

デメリット

  • 個人差によるが、ブリッジに比べると治療時間が長期間かかる
  • 手術になるので、状態により適応とならないケースもある
  • 家庭での適切なブラッシングや医院での定期メンテナンスが必要になる
  • 比較的費用がかかる

よくある質問

Q1.誰にでも治療は受けられますか?

年齢的に顎の骨が完成する20歳前後から、健康な方であれば基本的に誰でも治療を受けられます。ただし、全身疾患、妊娠中の方などはインプラント治療を受けられない場合がありますのでご相談ください。

Q2.手術の際に入院が必要ですか?

基本的には入院の必要はありません。ただし、特殊な症例の場合や、全身疾患を有する患者様の場合には入院して手術を行うこともあります。

Q3.治療期間はどのくらいかかるのですか?

インプラントを理入した部位や個人によって差がありますが、4ヶ月から7ヶ月程度の治療期間が必要となります。

Q4.インプラントはどのくらいもちますか?

患者様のお口の中の衛生管理に大きく関係してきますので、お口の衛生状態が悪いと寿命が短くなる場合もあります。

Q5.治療費用はどのくらいかかりますか?

現在は保険治療の適用になっていません。理入するインプラントの本数など、治療の内容により異なりますので詳しくはご相談ください。

安心・安全の歯科用CT

歯科用CT

以前は、大きな病院などにしか、歯科用CTは設備としてありませんでしたが、各歯科医院レベルでCTを導入することで、より正確な診断が可能となり、確実な治療はもちろん患者様の負担をできるだけ軽減することが可能となった他、経過観察においても、CT撮影のために大きな病院に行っていただく必要がなく、当院ですべて診査・診断・治療ができることが最大のメリットです。

身体にやさしい低被爆を実現

一般の医療用X線・頭部CT撮影のおよそ1/30の放射線量で撮影できます。

患者様に負担の少ない撮影が可能

医科用のCTのように閉所に入ることなく、オープンな空間で服を着たまま撮影します。また、撮影時間も30秒と短時間ですみます。

治療の安全性が高まる

デジタル処理による3次元的な画像により骨の状態や血管の位置、骨密度や厚さなどを正確に把握できるようになりました。これらの情報が事前に分かることで、治療の安全性が高まります。

歯科用CT写真

顎の骨の硬さを事前に把握することはインプラント手術をする際、重要な要素になります。
骨の外側と内部の方では全く硬さが違うんです。インプラントを埋め込む手術では骨に埋めるための穴を開ける時ドリルを使いますが、ドリルの方向性を確保する際や、埋め込む際の力の掛け方に骨の硬さは大きく影響します。
そのため事前にシュミレーションソフトを用いて骨の硬さを色分けしイメージ化することで実際の手術時に予想通りに進められ、迷わずに済みます。

(歯科用)患者様向け
CT導入PR 1分ムービー

正確で安全な手術
ガイドサージェリー

ガイドサージェリー

インプラント体を正確な位置に埋め込むためのガイドサージェリーを行うのに、
いくつかのツールが必要になります。

ストッパーの付いたドリル、CT画像から石膏模型に合成した手術用マウスピース、これらがすべて揃ってこそ、シミュレーションどおりにインプラントの成否に関わる重要なファクターである埋入ポジションが確保されます。

当院では患者様へ安心していただけるよう導入しております。

症例

6本埋入症例

全顎6本インプラント埋入時口腔内写真
インプラントの上に歯を作るための型取りの芯棒を立てます
型取りの精度をあげるためのラダーという枠をはめます
模型上でつながったセラミック製の歯を作ります
人工の歯茎に合わせて形を整えます
取り付ける前の物
お口の中に取り付けた状態

このように全く歯が残っていなくてもインプラントを6ヶ所土台にして人工の歯を入れられます。

治療期間 6ヶ月
治療で考えられるリスク、
副作用
局所麻酔を広範囲にする外科手術のため、一定期間知覚鈍麻を起こすことがある
治療でかかった費用 2,000,000円(税抜)

上顎ALL on 4 ユニバーサルインプラントブリッジ流れ1

上顎ALL on 4 ユニバーサルインプラントブリッジ流れ1

インプラントの中でもHA(ハイドロキシアパタイト)コーティングされたインプラントであれば4本のインプラントで上顎にすべてつながった人工の歯を入れることが可能です。

さらに残っている歯槽骨の関係で4本のインプラントの向きが揃わない時でもユニバーサルインプラントではコンピューター上で向きを補正しピッタリとした歯を作ることが可能です。しかし、そのためにはラダーというこの金属の枠をはめて2回目の型取りをしなければなりません。

ひと手間かけることで精度が劇的に良くなりますのでどうかご理解の程よろしくお願いします。

上顎ALL on 4 ユニバーサルインプラントブリッジ流れ2

上顎ALL on 4 ユニバーサルインプラントブリッジ流れ2

型を取ってすぐ歯が入ればいいのですが、上顎に長くつながったセラミックの歯をコンピューター上で作るため、一度口の中でつながった歯の大きさ、形、歯茎との間に歯間ブラシがスムーズに通るかどうかを確認しなくてはいけません。このオレンジの歯はまだプラスチック製ですので調整可能ですが、コンピューター上で造ってしまうとその後は調整が難しくなってしまうんです。

ご自分では取り外しできないものですので、ここの過程が重要になってきます。

上顎ALL on 4 ユニバーサルインプラントブリッジ流れ3

上顎ALL on 4 ユニバーサルインプラントブリッジ流れ3

実際に患者さんの口腔内へセットする完成した義歯になります。白い歯の上には歯茎の色を付けていますので笑った時に、とても自然な歯並びと、きれいな笑顔を取り戻せました。

インプラント料金表

インプラント治療後はメンテナンスが重要です。
術後に合った歯ブラシを当院ではお勧めしております。

HAインプラント埋入手術1本 200,000円(税抜)
上部構造(e-max)1本 80,000円(税抜)
上部構造(ジルコニアセラミック)1本 100,000円(税抜)
サージカルガイド使用手術 70,000円~100,000円(税抜)
インプラントブリッジ(片顎)6本 1,600,000円~2,000,000円(税抜)
ALL on 4(オールオンフォー) (片顎)1,200,000円~1,500,000円(税抜)
ソケットリフト(側方上顎洞底挙上術)(片側) 200,000円(税抜)
ソケットリフト(垂直上顎洞底挙上術) 100,000円(税抜)
CGF使用歯槽骨増生術 150,000円(税抜)
CTG(connective tissue glaft)結合組織移植術 100,000円(税抜)
FGG(free ginngival glaft)遊離歯肉移植術 50,000円~150,000円(税抜)
GBR(guided bone regeneration)歯槽骨誘導再生術 60,000円~100,000円(税抜)
インプラントロケーターオーバーデンチャー(片顎) 250,000円(税抜)
歯槽骨移植(1歯分)皮質骨ブロック骨移植 100,000円(税抜)
スプリットクレスト手術(歯槽骨拡大手術) 100,000円~200,000円(税抜)

インプラント治療 10年保証

「インプラント10年間保証」は、国内唯一の第三者保証機関に認定された歯科医療機関でのみ受けられる、インプラント治療の長期保証です。

保証される内容

患者様のインプラント治療後10年間保証(※1)いたします。
「固い物を食べて上部構造がかけてしまった」「仕事やスポーツ中などの偶然な事故によりインプラント体が脱落した」など、万が一インプラント体や上部構造が脱落または破折した場合、認定歯科医療機関が保証書記載の保証限度額まで無償で再治療を行います。
また、転居時には全国750以上の認定歯科医療機関にて再治療を受けられます。(2016年1月末時点)

定期メンテナンスをお受けください。

患者様が術後の定期メンテナンスを受けていただくことが再治療を受けられる条件となっております。

※1 患者様の転居などによる他の会員様クリニックにおける再治療が全保証期間を通じて、保証書記載の保証限度額を上限に無償で再治療ができます。

ガイドデント共通限度額
インプラント体 200,000円(税抜)
上部構造 100,000円(税抜)

定期メンテナンスとは

インプラント手術日から2年間は1年間に2回、3年目以降10年目までは1年に1回受診していただきます。定期メンテナンスを受診されない場合には、保証の対象外となりますので、十分ご注意ください。

ご予約・お問い合わせ

さとう歯科医院へのお問い合わせや
インプラントのご相談はWEBフォームか、下記お電話番号に、
ご予約はお電話・WEBフォームよりお願いいたします。

TEL:019-661-8241

診察時間
9:00~12:30 /
14:00~19:00 / /

★ 14:00~17:00
休診日:水曜日午後・日曜日・祝日 ※第1土曜日

WEBでのご予約 お問い合わせ